So-net無料ブログ作成
検索選択

写楽オマージュ展 [INFORMATION]

「写楽オマージュ展」に参加します。

ART LAB TOKYO http://art-lab.jp/alab_046.htm

2013年 1/30 wed.~2/9 sat.
15:00~20:00 (last day ~19:00)
日曜日休廊

レセプション・パーティー2月2日(土)17:00~

宮鼓 

菅間圭子

近藤智美

撫子凛

樋口裕子

地場賢太郎 

三友周太(SYUTA)

森下泰輔

大和田登 

東洲斎写楽


江戸時代、アートラボ・トーキョーから200メートルほどの地蔵橋というところに阿波の能役者こと斎藤十郎兵衛が棲んでいました。この辺は絵師の町で、少し行った現在のブリジストン美術館裏あたりには、歌川広重も棲んでいたのです。

当時、桜通りと交差する首都高速はお堀で、その側道は罪人を見世物にする「江戸市中引き回し」のコースでした。そこからやや迂回し、現在の茅場町郵便局、驚くべきことにまさしく地蔵橋を通っていました。
写楽こと十郎兵衛は、今の銀座にあった芝居小屋に通っていましたが、人物観察が好きだった彼は、当然のように引き回しも見に行っていたと思います。というよりそれもあってそこに棲んでいたのだと思います。
間違いないことは当時、当ギャラリーのあたりを写楽が徘徊していたことです。

そこで、写楽にオマージュを捧げる展覧会を開催することにいたしました。ぜひご高覧ください。


私はパーティーのみに出席の予定です。


























注: 文字用の領域がありません!

   

タグ:写楽
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 3

子鹿

初日に行ってきました。
hiroro_h さんの作品の中で持っている写楽のうちわの絵、あれ昔リッカー美術館だったかで写楽展を観たとき、「祖父に似てる」と思った浮世絵です。個人的な話ですが。



「写楽オマージュ展」面白かったです。
展示概要文も面白かったですし。
ブリジストン美術館の裏に広重が住んでいたとか写楽がアートラボの近くに住んでいたとか。



よく時代劇で観る引き回しのコースがあの辺りだったっていうのもびっくりですね。八丁堀は同心だし(「必殺」シリーズなどの影響です)。
by 子鹿 (2013-01-31 19:27) 

hiroro_h

子鹿さん>
ありがとうございます。
私の作品「高島屋おひさ」は栄松斉長喜が写楽が姿を消した翌年に描かれたと言われている作品をモチーフにしています。

レセプションパーテェーの後にはギャラリーの方々と
引き回しコースツアー(笑)をしました。
ゴールは写楽の住居跡(?)と思われる居酒屋で写楽談。
by hiroro_h (2013-02-04 03:11) 

SNIFF OUT

=======================

ホンモノの音とアートを嗅ぎ当てろ!!

菩須彦/多田正美/
森下泰輔・菅間圭子/久保田裕美など

個性あふれる「今」のアーティストが集結!!

【スニフアウト2013/ART×MUSIC Festival】

7/20(土)・21(日) 
大阪/南港 インテックス大阪で
ぜひ、お会いしましょう!!

★★★今なら直前割≪20%OFF~≫★★★
みんなで行こうキャンペーン実施中です!!

 http://bit.ly/11P9NLi

=======================


by SNIFF OUT (2013-07-03 20:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。